古川優法会主催の「PFI事業受託セミナー」

日時  : 平成12年12月22日〔金)

場所  : 芙蓉閣(古川市駅前大通6-2-8)

テーマ : 「PFI事業受託」

講師  : 樋口 孝夫氏 (PFI研究委員、弁護士、長島・大野・常松法律事務所)

       岩崎 正義氏 (PFI関連コンサルティング、鞄本P.F.代表取締役)

       川村  巖氏 (みやぎ文化PFI協会専務理事、鰍mJP社代表取締役)

 古川優法会(南條吉男会長)が主催する「PFI事業受託セミナー」(古川商工会議所、大崎法人会、古川青年会議所、大崎タイムス社後援)が昨年12月、「21世紀・大崎のまちづくりはPIF」をテーマに古川市で開かれた。
 公共施設などの企画、建設、運営に民間の資金とノウハウを活用するPFIのシステムは、効率的で質の高い公共サービスが実現できる新しい社会資本整備の方策として期待をあつめており、当日は各方面から約百人の出席者を集めた。

以下は、平成13年1月6日 大崎タイムスにて掲載さてた部分を抜粋したものです。


また、同日大崎タイムス2〜3面にはセミナーで講師を務めた国内を代表するPFIの専門家と大崎地方の識者によるテーブルトークの様子が掲載されております。